便秘効果ヨーグルト乳酸菌効果

ヨーグルトの便秘改善効果は乳酸菌によるもの

ヨーグルトって、生乳に乳酸菌を入れて醗酵させたものです。

 

 

ヨーグルトってとろみがあったり、硬かったりしますけど。
実際は生乳というほぼ液体のものが、乳酸菌で醗酵されて固まっているんです。

 

 

なのでヨーグルトには乳酸菌が使われています。
乳酸菌を使っていないヨーグルトは、なんちゃってヨーグルトです。

 

一部のヨーグルトでは寒天で固めたようなものもありますけどね。
そういうのがヨーグルトに似せたものですね。

 

 

でも、基本ヨーグルトには乳酸菌が使われています。
乳酸菌を使わないと、ヨーグルトはできませんから。

 

その乳酸菌が善玉菌を増やし腸内環境を整え、便秘改善効果が期待できるんです。

 

 

 

 

大事なのはヨーグルトではなく乳酸菌?

ヨーグルトに配合されている乳酸菌が便秘改善効果を発揮する。
そうなら、ヨーグルトにこだわらず乳酸菌を摂取すればそれでいいのでは?

 

なんて考える人もいるかもしれません。
実際のところそのとおりだったりします。

 

 

ではなぜヨーグルトが乳酸菌摂取の方法として、よく名前があがるのかというと…。
ヨーグルトは買いやすいから
だと思っています。

 

スーパーに行けば売っていますし。
スーパーで特売価格で販売されていることも多いです。

 

 

後は続きやすいというところもあるかもしれません。

 

ヨーグルトって生乳を基本としたものですから。
牛乳って続きやすいというか、馴染み深い飲み物ですよね。

 

 

もちろん
「牛乳が嫌い」
という人がいるように
「ヨーグルトが嫌い」
なんていう人もいるかもしれません。

 

そういう人はヨーグルトで乳酸菌を摂取しないで、他のもので乳酸菌を摂取すればいいと思うんです。

 

 

学校の給食でも、毎日のように牛乳がついてきましたよね。
「なんで牛乳なの?」
なんて思った人もいるかもしれません。

 

でも、そんなことを思っても、学校としては飲み物として牛乳がベストチョイスだと思ったのだと思います。
ヨーグルトも、乳酸菌摂取の方法として、ヨーグルトがベストチョイスだと思われているのだと思います。

 

乳酸菌摂取の方法の代表格がヨーグルトなわけです。