過敏性腸症候群異常なし

過敏性腸症候群は胃や腸に異常はない

過敏性腸症候群は胃や腸に特に異常がないのに、おなかが張ったり、腹痛がでたりする症状です。

 

たいていがこれだとされていますが、過敏性腸症候群はストレスからなるともいわれているので

 

「自分の体に大きな病気があるんじゃないか」

 

と思っていると、いつまでたっても過敏性腸症候群はよくならないでしょう。

 

 

そういう点で、過敏性腸症候群は胃や腸はどこも悪くはないが

 

病院に行くことで大きくよくなる症状

 

だといえるでしょう。
病院に行き、胃や腸に異常がないということを知るのが、一番の薬というわけですね。

 

 

病院にいって過敏性腸症候群で、どこも悪くなく
「病院に行って損をした」
と思う人もいるかもしれませんが、どこも悪くないというのは最高の結果ですよね。

 

検査して大きな病気が見つかったほうが、絶対にショックですから。