便秘で便意があるのにうんちがでない

便秘で便意があるのにうんちがでない

便秘になると、便意があるのにうんちがでなくて、トイレで悲しくなってきます。

 

普通の人なら、うんちをしたいと思って、トイレにいったら出るものですよね。
便秘になると、便意を感じてトイレに入ってもうんちがでないわけです。

 

どうやっていままでうんちをしていたのか疑問に思いました。

 

うんちがでそうででない

おもしろいのは、うんちがおしりのところまで来ているのを感じるのですが、そこからがどうしてもでてくれないわけです!!

 

だからトイレから身動きがとれず、うんちが出てくれるのを待つのですが、なかなかうんちがでず、ただトイレで時間を無駄にしてしまいます。

 

便秘ででるのはせいぜいうさぎのふん

便秘で出るのは、うさぎのふんぐらいのうんちです。

 

でも、まったくでないよりはマシです。

 

うさぎのふんぐらいでも、うんちが出てくれたのならプラスに考えましょう。

 

うんちをだす力が足りない

便意があるのにうんちがでないのは、うんちを出す力が足りないからです。

 

そういう人におすすめなのが、さつまいもです。

 

 

便意があるのに、うんちが出ない人はさつまいもを食べてみてほしいです。

 

さつまいもを食べると、おしりのところでひっかかっていたうんちが、出やすくなりますから!
自分の体験談ですけどね。

 

でも、自分は便意があっても、うんちがでないときは、さつまいもを食べれば改善すると考えていますよ。
実際、自分の体はそのとおりだったりしますし。

関連ページ

便秘でつらいのは病気の心配!大腸がんだと思うと怖すぎる
便秘で怖いのは、重い病気なんじゃないかと思うことです。胃がんや大腸がんが心配になります。