ヤクルトvsピルクル 便秘にはどちら

ヤクルトとピルクル

ヤクルトとピルクルは似ています。

 

 


「ヤクルトとピルクルどっちが便秘に効果があるの?」
なんて思う人もいると思います。

 

 

これはヤクルトのほうが便秘効果が高いと思われているケースが多いです。
「ピルクルのほうが効果が高い」
と言っている人は少ないです。

 

 

これは2つの理由が関係していると思います。
簡単に言ってしまえば、精神的な効果が関係しているわけです。

 

ヤクルトのほうが
「便秘に効果が高い」
と思わせる理由が2つあるわけですね。

 

 

 

ヤクルトのほうが値段が高い

ヤクルトのほうが便秘改善効果が高く感じる理由の1つ目。

 

ヤクルトのほうが値段が高いです。
値段が高いほうが効果が高いと思う人が多いです。

 

 

うちのばあちゃんも、母に
「ヤクルト買ってきて」
と頼んで、うちの母は値段が安いという理由でヤクルトではなく、ヤクルトの類似品を買いました。

 

 

するとばあちゃんは、ヤクルトではない飲み物を買ってきた母に驚き
「値段の安い奴はおいしくないんでしょ?」
と言っていました。

 

 

まぁそう思いますよね。
値段が高いものと、値段が安いものがあったら、そりゃ値段が高いもののほうがおいしく感じます。

 

寿司でトロがおいしいと思われるのと似たようなものです。
大人になって、はじめて中トロ食べましたけど、そこまでずば抜けておいしいわけではありませんでした。

 

 

でもやっぱり値段が高いので
「まぐろと中トロ、好きなほうを選ばせてやる」
なんていわれると、中トロを選びそうです。

 

 

こち亀の両津が言っていましたけど
「かき氷のシロップにはメロン味を選んでしまう」
なんて言っていました。

 

 

メロンは高級品だから、ついついメロン味を選んでしまうということですね。
まぁ自分は定番のいちごを選びますけど…。

 

 

ヤクルトとピルクルでは、ヤクルトのほうが値段が高いです。
なので、ヤクルトのほうが
「値段が高いんだから効果も高いだろう」
と思う人が多いわけです。

 

ヤクルト400になると、1本80円もします。

 

 

そうなると、ピルクルという1本10円ちょっとの飲み物より、ヤクルトのほうが便秘改善効果が高く感じますよね。
まぁピルクルも高いときは1本20円〜30円ぐらいはするような気がしますけど。

 

ピルクルは安いときは15円ぐらいで買えるからなぁ。
一方のヤクルトはまったく安くならないですからねぇ。

 

 

大人になると、駄菓子なんて見向きもしなくなります。
子供の頃は、よく駄菓子を買っていた人も、大人になると食べなくなる人が多いと思います。

 

駄菓子は10円20円の世界ですからね。
一部の駄菓子は大人の間でも人気がありますけど。
やっぱりそれなりの値段のものを買うことが多くなります。

 

 

ピルクルのほうが便秘改善効果が高いという人は、実際に飲み比べた人限定になると思います。
それか、ピルクルが大好きな人かな。

 

どちらも飲んだことがない人なら、ヤクルトのほうが値段の高い点を見て効果が高いと選ぶと思います。

 

 

 

 

 

ヤクルトの乳酸菌シロタ株は沢山の研究がされている

ヤクルトのほうが便秘改善効果が高いと思う人が多い理由の2つ目。
それは研究&実験結果の数(実績)です。

 

 

ヤクルトには乳酸菌シロタ株が配合されています。
一方のピルクルには、カゼイ菌NY1301株だっけかな。

 

 

もうこの時点で、乳酸菌シロタ株のほうが知名度が高い分だけ、効果も高そうに感じますよね。

 

乳酸菌シロタ株はなにもみないでも、ぱっと名前がでましたけど。
ピルクルの乳酸菌は調べてしまった…。
いやあっていましたけど。

 

 

乳酸菌シロタ株はヤクルト社がいろいろな研究&実験をしています。
そりゃそうですよ。

 

ヤクルト社からしたら、ヤクルトは主力商品です。
その主力商品に配合されている乳酸菌の研究をするのは当然だと思います。

 

乳酸菌の研究や実験を重ねることで、よりその乳酸菌を配合した製品の価値が高まりますから。
そういう点で、乳酸菌シロタ株のほうが、たくさんの研究結果や実験結果がでている点で、ヤクルトのほうが効果が高く思う人が多いと思います。

 

 

ただ沢山の効果を発表するというのは
「1つ1つの効果はたいしたことがないのでは?」
と思うこともあります。

 

いろいろな乳酸菌がありますけど
「○○乳酸菌は便秘に高い効果があります!」
と1つだけの効果を発表すると、便秘改善効果が高いように思えます。

 

でも
「○○乳酸菌は便秘を改善に効果があります。アトピーにも花粉症にもいいです。インフルエンザにも有効です」
なんて効果を並べられると、便秘改善効果が印象に残らなくなることもあります。

 

 

なので、実験や研究をしすぎるのも、逆効果だったりするんですよね。
ヤクルト社もそこをわかっているのか、もっといろいろな研究をできるんだけど抑えているように感じます。

 

沢山の効果を発表することが、吉とならないこともあるわけですね。

 

 

 

 

 

実際は飲んでみないとわからない

乳酸菌には相性がありますから、実際は飲んでみないと、どちらが便秘改善効果が高いのかなんてわからないです。

 

でもヤクルトとピルクル。
この2つなら

  • ヤクルトのほうが値段が高い
  • 乳酸菌シロタ株のほうが実験&研究がされている

こういう点から、ヤクルトのほうが便秘改善効果が高いと思っている人が多いです。

 

 

ただ便秘も人間の健康も、理屈ではないですよね。
いくら便秘にいいことをしても、うんちがなかなかでないものです。

 

 

だから、ヤクルトもピルクルも実際に飲んでみないとどちらが効果が上なのかなんてわからないです。
乳酸菌の相性とかの問題ではなく、便秘改善効果なんて、ほんとうにわからないものです。

 

 

自分が実際に両方飲んでみたところ…。
やっぱりヤクルトのほうが、便秘改善効果が高く感じます。

 

 

そのまんまで悪いんですけど。
どうもヤクルトを飲むと、おなかがゆるくなるというか、うんちがやわらかくなる気がします。

 

ピルクルはどうだろ。
飲んでもあまり変わらない気がします。
いやピルクル飲んでいて、今日の夜に便意がきましたけど。
3日ほどピルクル飲んでいましたけど、3日目にやっとでたような感じでした。

 

 

いやここ最近特に便秘がちでもなかったので、ピルクルの効果とかでもなく。
普通にうんちがでただけだと思います。

 

そもそも便秘改善なんていうものは、食べ物や飲み物でコントロールするものではなく。
自然と便意ってくるものだと思いますけどね。

 

 

まぁ便秘改善効果を期待していて、ヤクルトとピルクルで迷ったのなら、ヤクルトを買えばいいと思います。
値段の点を抜きにして、効果の点だけを考えると、ヤクルトのほうが便秘改善効果は期待できそうです。

 

 

 

 

 

人間イメージに弱い

人間ってどうして、こう
【いかにもってことを言われると弱い】
ものなのか。

 

同じことを言っている人でも

  • 1人は身内
  • 1人は医者

こうなると、医者のいうことだと、納得しますよね。
同じことを言っているのにも関わらずです。

 

 

うちの母がまさにこれで、自分が母にいろいろ教えたのにまったく聞く耳もたなかったのに
「病院に言っていたら、医者からこんなこと言われたわ」
と自分に言ってくるので
「だから、それ自分が言ったでしょ!」
とよく言いますね。

 

 

つまり簡単に言ってしまうと
【ヤクルトのほうがピルクルよりその気にさせる飲み物】
ってことです。

 

そういうと
「馬鹿らしい」
と思うかもしれません。

 

でも世の中ってそういうものなんですよ。
それはすべての人に共通している気がしますね。

 

 

マツコデラックスの
「うまい」
は品切れにさせるほどの影響力があるのだとか。

 

でもマツコデラックスが
「うまい」
という前と、言った後で、その製品の中身がなにか変わったわけではないですよねぇ。

 

 

いろいろなランキングサイトがありますけど。
その1位になっているものに注目するのが人間です。

 

ピルクルとヤクルトの2品があって、多くの人が
1位 ヤクルト
2位 ピルクル
なんてランキング付けしていると、やっぱりヤクルトのほうが効果が高そうに思いますよね。

 

 

まぁ単純に
【ヤクルトのほうが値段が高いんだからヤクルトのほうが上】
これはやっぱりそう覆すことができないイメージです。

 

だって値段の安いほうが品質が上だったら
「おかしくない?」
ってむしろ思うでしょ。

 

「うれしい」
と思う人より
「なんでだろ?」
って思う人のほうが多いと思います。

 

 

そもそもピルクルはヤクルトの類似品といわれることはあっても。
ヤクルトが
「ピルクルの類似品」
とは言われないでしょ。
そういうところから、イメージの点でヤクルトを超えることはできないと思います。

 

 

まぁ迷ったのなら、2つ購入して実際に飲み比べるのが一番です。
乳酸菌は相性で効果が変わるって言われていますから。
真実は自分で試さないと絶対にわからないです。