ミルミルの便秘改善 ヤクルトやジョアと比較

ミルミルの便秘改善効果を考える

ミルミルって名前の影響もあるのかもしれませんけど、便秘改善効果が高く感じます。

 

 

自分はミルミルって乳酸菌飲料というより
「牛乳のおなかに優しいバージョン」
みたいなイメージがありました。

 

 

でも、実際に飲んでみると牛乳というよりは、飲料水っていうかな。
発酵乳となっていますけど、カルピスの甘みをさらに抑えたような感じなんですよね。

 

 

まぁヤクルト社が販売しているのでミルミルって効果がありそうに感じます。
このミルミルって、一時期販売を中止していた時期があったみたいですね。

 

これはミルミルって子供向けなイメージがあったみたいなんですけど。
販売中止にして、ビフィーネMという製品にすることで大人向けを狙ったようですけど。

 

どうもこのビフィーネMというのがずっこけた(?)みたいで。
「やっぱりミルミルで行こう」
みたいな感じなんだと自分は思います。
というかビフィーネMとかまったく記憶にないわ。

 

 

 

 

ミルミルとヤクルト400とジョア

ヤクルトといえば、やっぱり飲むヤクルトですよねぇ。

 

 

そんなヤクルトにも今ではいろいろな種類があって、ヤクルト400なるものもあるわけです。

 

 

他にもヤクルト社はジョアというヨーグルトドリンクも販売しています。

 

 

これらとミルミルを比べてどうなのかって話ですよ。

 

 

ちなみにヤクルト400とジョアに配合されているのは、乳酸菌シロタ株。
一方のミルミルに配合されているのは、ビフィズス菌ということで乳酸菌の種類が違います。

 

 

乳酸菌シロタ株と、ミルミルに配合されているヤクルト社のビフィズス菌どちらが効果が高いのかは相性なんですけど。

 

ヤクルト社としては乳酸菌シロタ株のほうに研究や実験を多数おこなっています。
つまりヤクルト社としては、乳酸菌シロタ株のほうにお金をかけているわけです。

 

 

そんなことを思うと、ミルミルよりもヤクルトやジョアのほうを飲みたくなりますよね。
まぁヤクルトの値段は置いておいて、ジョアもミルミルも1本100円だと考えると、ジョアのほうが飲みたくならないか?

 

 

そういう点で、自分はミルミルよりもヤクルトやジョア派かなぁ。

 

ただヤクルトは甘すぎるし、ジョアは濃厚なヨーグルトドリンクタイプなので。
「もっとあっさりした飲み物で便秘改善対策をしたい」
なんて人にはミルミルもいいかもしれません。

 

 

というかさぁ、やっぱりヤクルト社の商売なんですよね。
ミルミルを一時製造中止にしたけど、再びミルミルを再販売というのは、ヤクルトも苦戦しているところを感じます。

 

ミルミルを販売再開しましたけど、やっぱりインパクトが弱い飲み物だと思います。
テレビCMも最近はまったくやっていませんから。

 

ヤクルトレディがおすすめしないと、今ではミルミルなんて買う人も多くないのでは?
むしろ子供向け飲料としてミルミルが認知されているのなら、そのままでよかったと思いますけどねぇ。
今のミルミルって、かなり謎な飲料になっているでしょ。

 

まだ昔の
「牛乳飲めない子供にミルミル」
なんてイメージがあったほうが、需要があった気がします

 

 

 

 

 

ミルミルSもヤクルトレディ限定である

ミルミルにはミルミルSという製品もあります。
ミルミルSはヤクルトレディ限定で販売されています。

 

 

ヤクルトレディからミルミルSを買おうとしたら
「今はないので今度持ってきます」
と言っていたんですけど。

 

その次ヤクルトレディが来たときは親がおっぱらってしまったので、結局ミルミルSは買えませんでした。
もうそれからヤクルトレディはまったくこなくなりましたね。
親はヤクルトの製品は
「値段が高い」
という理由で、まったく買いませんからね。

 

まぁ縁があるのなら、またミルミルSを買うチャンスもくるでしょう。
別に買えなくてもいいし。

 

 

ミルミルSのほうが普通のミルミルより効果が高いように感じますけど、そういうわけでもなく。
ガラクトオリゴ糖やコラーゲン、食物繊維などを配合した大人向けなイメージかな。
女性をターゲットにしているのだと思います。

 

 

普通のミルミルは子供向け。
ミルミルSは大人の女性向けってイメージかな。

 

自分としては、シンプルなほうの普通のミルミルのほうがいいと思いますけどねぇ。
ミルミルSは原材料にいろいろ使いすぎていて、逆にどっちつかずになっている気がします。

 

沢山のメリットがあるというのは、器用貧乏なイメージがあるんですよね。
だからたくさんの種類の乳酸菌を配合した乳酸菌サプリメントとか、イマイチに感じます。

 

まぁそんな器用貧乏なところがメリットに感じる人にとっては。
ミルミルSもいいと思いますけど。
ミルミルSは便秘改善とかではなく、美容効果も高い飲み物って感じかなぁ。

 

 

自分の中ではやっぱり乳酸菌配合製品の中では、ビオの効果が一歩抜けている気がします。

 

 

ヤクルト400はうんちが柔らかくなった気がしたので、ヤクルト400もいいと思います。

 

 

でもミルミルはどうだろ。
自分の中では、ミルミルって昔のまま子供の飲み物っていうイメージがあるので。

 

特別便秘に高い効果があるってイメージはあまりないですね。
でも乳酸菌を配合していますから、腸内環境を整えて便秘が改善する可能性は十分あります。

 

 

ヤクルトの乳酸菌シロタ株との相性がイマイチだと思って、ヤクルト社の製品にこだわりたい人なら。
ミルミルを試してみるのもいいかもしれません。

 

ミルミルは1本100円なわけですけど、もうちょっと安くならんかなぁ。
それかもうちょっと量を増やしていいと思うんですけどねぇ。